ハッピーダイアリー

小さな事に幸せを感じるのが好き。
毎日ひとつでもいいから「あー幸せ」って声に出して言うの。
ポジティブに生きる為の努力はかかさない。
だって世に出ればストレスがいっぱいだもん。
セルフヒーリングはとても大切なわたしの健康法。
今日は仕事で出掛けた先で、久しぶりに会った元同僚の年配の方に
「キレイになったわね」って褒められちゃった。素直にうれし?。ふふふ。
「あー気づきました?今日はフルメイクしてるんです」って答えたら、超うけてた。
お互いの近況報告なんかして、楽しくお話出来て、幸せな時間だったな。
その後、車で30分位の職場まで、ひとり社用車を運転して帰る時に見た青い空が、とってもキレイだったなー。
昨日までのグレーのくもり空とは打って変わって、澄みわたるブルーが目と心に優しくてハッピーな気分になった。
青空の青い色って大好き。
オフィスに帰ってお仕事をもくもくとさくさくとこなし、ぜってー定時に帰るぜってがんばったら
就業時間5分前に全部終わらせられたよ。やったねー。
イエーイ!ちょうどサンセットを見れる時間にオフィスの外に出れたよ。
ずっと天気が悪い日と忙しい日が続いてたから
あんなにキレイなオレンジ色のサンセットを見るの久びさだった。
ほーんとキレイでこんな景色見れてあー幸せってひとりでニコニコしちゃったよ。

子育て

子育てほど難しいものはないと最近実感しています。子供がこうなってしまたのは、自分のせいではないか?もう少しこうしていてば、この子はこんなになっていなかったのではないか?と自問自答の日々です。子供が思い通りにならないのは、わかっていても、なかなか受け入れられないこともあります。確かにつらい事ばかりではなく、子供がいなければ味わえない喜びや幸せもたくさんあります。しかし同じぐらいの心配事や、苦悩は一生ついてまわることだと思います。
子育てはいつまで続くのでしょうか?ここまで、というゴールはない気がします。といことは、反対にいつでも建て直し、やり直しできると思うのです。いくら子供が大きくなっても親の影響力は大きなものだと思います。今まで子供に対して間違っていたと気が付いた時点で、考え方や方針を変えていけば良いと思います。なんでもそうですが、相手に変わってほしければ、まず自分が変わればいいのです。たとえ失敗してもいいのです。少しでも変化が起これば、それが何かのきっかけとなるかもしれません。
子育ては、親となった自分自身も一緒に成長させてくれます。自分がこうありたい、という人生に少しでも近い理想の姿を描いて前向きに頑張っていこうと思う日々です。

人気者の気分。

先日、家族で畜産場に行きました。自宅から1時間ほどで行ける場所にあり、馬、羊、ヤギ、ウサギ、鳥などがいる畜産場で、一般に開放している牧場のようなところがあり、無料で自由に入れます。
商業目的ではないようで、動物にあげるエサなどの販売は無く自宅から野菜を持っていき、エサを自由にあげていい動物に限っては自由にエサやりが出来ます。
我が家では畑で野菜を育てているので、ニンジンなどを土の中でもできてから長くおいておくと固くなって食べられなくなったり、水気が減りあまり美味しくなくなってしまった野菜を、動物たちにあげやすいように切って持参しました。
その持参した野菜を早速動物たちにあげました、馬には人参をあげるとバリバリと食べて、馬たちが自分にくれ!と私たちにアピールしてきます。あげた人参を横取りしようとしたりして、私たちが固いからともう食べなくなった人参なのに、人間は贅沢だなとしみじみ感じてしまいました。ウサギには人参の葉をあげて、羊やヤギにもカボチャや人参をあげました。エサをあげると動物たちがたくさん集まってきて、実際はエサで釣っているからなのですが、野菜をたくさん持参した私たちには動物たちがたくさん集まってきたので人気もののような気分になってなんだか嬉しかったです。また畑の野菜を持参していきたいと思いました。

満足な一日を過ごせたよ

今日はすっごく充実できたお休みだった。
午前中はいつものお掃除(やや手抜き気味かな)。でもしっかり隅(玄関)から隅(ベランダ)までやったからまあヨシとしておこう。
お昼ご飯は残り物で済ませてしまったけど、バランスの良い野菜ばっかりのおかずなのでOKでしょ。
最近、ずーっと行ってなかったネットカフェに行けて満足マンゾク。今回は忘れずにお菓子を買ったからお腹が鳴ることもなく、恥ずかしい思いもしなかった。
読みたかった漫画は読めたし、雑誌も読み人気コスメをチェックして自分の持っているものと同じだったから、私の目に狂いは無し!自身もついたぞ。流行りの曲はイマイチわからなかったなあ。とりあえず歌手名等色々と情報をスマホに保存して、早く覚えてヒトカラで練習しないと恥だぞぉ。よし!次の予定なしの休みの日はヒトカラに決定かな。
それにしてもネットカフェにはイケメンはいない、ラッキーなのか残念なのか、考えてしまう。まあ、いない方が気楽だけどね?。
延長をしてしまったけど、お得品を手に入れたからプラマイゼロでしょ。お店が変われば目玉商品も変わるし、力を入れている商品も違うから、いつもと違うおかずでなんだか特別な日みたいだったな。

うねってきた髪の毛

私の髪の毛は、広がりやすくて困ります。
しかも白髪交じり。
そして、湿気が多いとうねっちゃうんです。

昔は縮毛矯正をかけていたけれども、一生かけるわけにもいかないしねえ。
そう思って、カットの他にも、シャンプーとトリートメントにはお金をかけてがんばってきました。

でも限界。
8年目で感じる限界。この変なくせ毛ってなんだろう。
白髪もどうにかしたい。
ということで、うねりらなくて、天然成分でヘルシーな白髪染めを探していた所、
ベルタ育毛剤を発見。ただ、ベルタ育毛剤の副作用なんて記事もあるので、どうしたものかと考え中。

行きつけの美容院では、「縮毛矯正キャンペーン」を始めたので、衝動的にお願いしました。
でも、その前に、どうして私の髪の毛ってうねっちゃうの?
と美容師さんに聞いてみたのです。

「あなたの髪の毛ってね、全部の毛根がね、 右を向いているの 」

まさかの真実。
自分の後頭部と、背中は見ることができません。
まして、毛根なんて、見れません!!
さすがプロ!さすがこの店勤続10年の店長!

そしてね、と、一本の長い毛を見せて

「ほら。デコボコでしょう。毛穴も脂っぽくて詰まっているから、まっすぐな髪が生えにくいのよ。ヘッドスパもおすすめよ。」

人って、1日に2度もまさかの真実を知ることができるとは!!

そういえば、私は右側の髪が外にはねてしまう。
そして左側は黙っていても内巻。
なんとなくわかっていても、それは毛根に原因があったなんて!
しかも、毛穴の詰まりが毛の生え方を左右するなんて!広がる原因そこにあるなんて。

そんなわけで私は、縮毛矯正の他に、ヘッドスパを受け、

「実は毛根が全員右向け右」と「毛穴詰まり」という知識も得て、軽くなったお財布と共に帰宅したのでした。
ちなみに、髪の毛は家族に「頭が小さくなった」と表現されました。

ラッキーカラーと今日の幸せ

ささいなことで嬉しくなったり気分が悪くなったりして、なかなか一日は忙しい。
朝、出勤する車のラジオで今日のラッキーカラーは紺色だと言ってくれたので、それだけで気持ち良くなったものだ。制服を着ているだけでラッキーなんて、お手軽な幸運だなぁと思うけど。
ところが出社してみたら、机に着くなり「これやって!」と書類を投げつけられるみたいに渡されて、いきなり気分が悪くなるったら! やっぱり紺色のラッキーなんて、たいしたことなかった。
でも仕事は仕事だから、やらない訳にはいかなくて。朝一番にやるつもりだった自分の仕事を後回しにしたら、お昼ご飯を食べそびれるところだった。なんとか終えられたから良かったけど、かといって褒められるとかないし、やれて当然って感じで来られるから、こっちもモチベ下がる。
ところが、ここからが私のターン! ってばかりに、また幸運が来るのだ。午後になったら、取引先の人が事務員さんのオヤツにって、シュークリームくれるんだもん。テンション上がらない訳がない。まぁ全員にくれたヤツだから、私だけの幸運じゃないんだけど。いいよね、みんなで幸せで。
プラスで仕事が終われた夜って、すごい気持ちが上向き。
だけど、今日の仕事にミスがあったらどうしようって不安になったりもする。そういうのは大抵、当日には発覚しないのだ。手遅れになる前に見つかってくれたら修正できるけど、そうじゃなかった場合が怖い。
まぁ、明日は明日の風が吹くんだけど。
赤いポーチ、白いハンカチ、黄色い歯ブラシ、緑のキーホルダー、水色のスマホケース、ピンクのリップと紫のコンパクトミラー。
さて、明日は何色がラッキーになるかしら?

孫に甘いおばあちゃん

久しぶりに8カ月の娘を連れて実家に戻りました。4カ月ぶりだったので、つたい歩きしてるし、離乳食はモリモリ食べてるしで、おばあちゃんは大興奮。私も、洗濯はしてくれるし、食事は勝手に出てくるしで楽だったのですが、おばあちゃんの変貌ぶりに横で呆れてました。
まず、私のご飯よりも孫の離乳食の方が豪華。なんだかずっと台所にいると思ったら、沢山の食材を使って、何種類も作ってる。しかも、高級桃!?高級ブドウ!?最後には河豚!??と、出費多いじゃありませんか。そんなものに慣れてしまったら、普段の私が作るスーパー激安品で作る離乳食がしょぼく見えて・・・食べなくなるんじゃないかと心配になりました。
また、なにかとベビザラスに行きたがるんですね。孫にオモチャを買いたくて仕方ないんです。「1歳の準備に、おうちで乗れる車買ってあげようかな・・・」「私が買ってあげるから!」と、連れていかれ、結局、手押し車が乗用車に代わるタイプのオモチャと、知育玩具を2つゲット。私の子供の時、こんな甘い人だったかしら。
孫には甘いおばあちゃんにびっくりしつつも、パパよりおばあちゃんに懐く娘を見ながら、ああ人間って素直な生き物だなと思うのでした。

電車に乗った子供たち

この夏休みの8月22日に子供たちだけで私の実家に電車で向かいました。
私の住んで居る地域は大阪です。実家は兵庫県の田舎です。こちらの電車は改札口は自動改札口で、切符を買ったら自動で改札し駅の中に入っていきます。
それが当たり前の子供たちでした。私も普通に子供たちを見送り
『行ってきますーーーー』
とニコニコ電車に乗って初めての姉妹での電車の旅です。
車内で食べるお菓子にジュースを持って電車に乗り込み一時間半の電車の旅です。
実家の最寄り駅まではおばあちゃんが迎えに来てくれます。
無事電車で行けました。
二泊三日の姉妹だけ実家でお泊り。
そして、実家は農業をしています。大阪に住んでる一応都会っ子の姉妹ですが、畑仕事のお手伝いをして、小遣い稼ぎをして有意義に過ごせた二泊三日だったみたいです。
私は仕事だった為、迎えにも行く事が出来ず、帰りも電車で帰ってきた姉妹ですが最寄り駅までは迎に行きました。
改札口から出てきた姉妹は、興奮していました。
「ママーー、ただいま。聞いて。聞いて。
おばあちゃんの駅、改札口が自動じゃなくって、駅員さんがスタンプ押してくれて駅にはいるねん。
凄くない。凄くない。」
私は育ちが田舎なので当たり前の事が、この子達にとってはスゴイ経験をしたんだ。
初めての光景に早く伝えたくてしかたなかったみたいでした。
電車に乗った子供たちは、素敵な経験をして、また一つ大きく成長して帰ってきました。
娘たち、おかえりなさい。
また来年の夏も姉妹で電車でおばあちゃん家に行けたらいいね。

自分の人生

今現在は3人家族ですが、もう1人子供が欲しい私。このご時世に色々と考えてしまうけど、たった1回の人生だもの。死ぬまで後悔する人生は嫌だから旦那を説得してまでも叶えたい強い想いがある。勢いのある事を言ってみたものの、この先不安だらけだよ。
子供のこと、親のこと、家のこと、自分達の老後、貰えるかわからない年金・・
宝くじでも当たればサクッと叶うこの夢。貯金貯金と毎月セコセコとやっていて時々惨めになる時もあるけど、今から少しずつ我慢も覚えていこう。洋服やコスメなど良いものじゃなくたっていいじゃない。見栄っ張りになる必要はどこにもないよ。

貧乏と言うと本当になりそうだから、子供達の前でも言わないで生活していこう。
兄弟さえいれば高価なオモチャや魅力ある遊具などなくたっていいじゃない。
1人じゃないもの。私がそうだったじゃない。何与えられなくても遊んでこれたし貧乏だなんて思った事無かった。親がしてくれたように自分も出来る限り頑張ればいいと思う。
キリがない。オモチャがゲームに変わる。公文が高額塾に変わる・・。
お金はあればあるに越したことはないけど、死んだらお金は持っていけないよ。
何が残る?生きる人達に何を残す?
なんの為に生きるの?自分に問いかけてみよう。忙しい現代のなか心はスローライフにしてじっくりじっくり考えてみよう。なんの為に生きるのか。

歌舞伎座ギャラリーで遊びました。

リニューアルしてからはじめて、歌舞伎座へ昼の部を観覧に行きました。
歌舞伎も面白かったのですが、それ以上に気になったのが、歌舞伎座ギャラリー。
歌舞伎座のあるビルの上の階に、歌舞伎座の小さな博物館ができたのです。
もちろん有料ですが、その日の観覧券の半券を持っていると少し割引になります。このミュージアムの大きな特徴は、見るだけでなく触ることが出来るものがたくさんあるということ。
まず、入口のパネルには定式幕の写真が有り、この写真で幕を引いてるような写真を撮ることができます。
なかに入りますと、お芝居に使う小道具や音響の楽器の展示があり、楽器のたぐいはそのほとんどが音を実際に鳴らすことができます、船や籠、馬などは実際に乗ることができます。衣裳は流石に展示のみで触ることができませんが、花道の模型が有り、白波五人男の傘や藤娘が担ぐ藤の枝もあり、花道でそれらを手に取って写真を撮れます。また黒御簾の中の楽器も全て触れたり、改築前の4期歌舞伎座の劇場の床板をそのまま一部つかって「菅原伝授手習鑑」のセットが作られています。様々な仕掛けや小道具をその場で見ることができますし、また、その床板にはたくさんの釘跡が。これは、実際に歌舞伎のセットを立てる際に、釘で固定し、一つの芝居が終わると釘を抜いてまた新しいセットを立てるというやり方のため。釘の数だけ歌舞伎座の歴史が感じられます。おみやげコーナーはミュージアムの外にあります。一人で行っても、係の人に写真を撮ってもらうことができるので十分楽しめます。
あまり大きなミュージアムではありませんが、体験型なので大人から子供まで広く楽しめるギャラリーでした。